東刈谷地区 公民館規約

東刈谷自治会

東刈谷地区 公民館規約

第1章 総 則
 【名称及び事務所】
第1条 名称を東刈谷公民館(以下「本館」という。)と称し、事務所を東刈谷市民館内に置く。

 【目 的】
第2条 本館は、 地区住民の教育、学術及び文化に関する事業を行い、もって教養の向上、健康の増進を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与する事を目的とする。

 【組 織】
第3条 本館は、東刈谷小学校区「北部(板倉・吹戸)」、「南部(東刈谷・末広・沖野)」で構成する。

 【会 員】
第4条 会員は、東刈谷地区自治会員をもって構成する。

 【事 業】
第5条 本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)会員の教育、学術、教養の向上に関する事業(例:文化祭、芸能大会等)
(2)会員相互の連帯感を高めるレクレーションや、福祉に関する事業(例:盆踊り、敬老会)
(3)学童通学時の交通安全に関する事業(『0の日』交通安全街頭立哨等)
(4)婦人部・老人部・青年部・子供会や、社会教養団体等の育成・指導に関する事業
(5)野田地区との連携に関する事業(例:女性バレーボール大会、ドッジボール大会等)

第2章 役 員
 【役員と職務】
第6条 本会に次の役員を置き、主に次の職務を行う。
(1)館 長 1 名 本館を代表し会務を総括し、東刈谷市民館の館長を兼務する。
(2)主 事 1 名 館長を補佐し、公民館行事の企画・運営及び行事や会議等の記録を残す。
(3)会 計 1 名 本館及び東刈谷市民館の会計・事務処理・維持管理等を行う。
(4)顧 問 1 名 館長の相談役として会議に出席し助言する。
(5)部 長 4 名 業務を円滑に遂行する為に、・文化・体育・交通安全・防犯の4部長を置く。
(6)議 長 1 名 公民館長が兼任する。

 【役員の選出】
第7条 第6条の役員選出は、以下とする。
(1)館 長 次期組長以外者で、前年度の役員会が推薦し、地区委員会で承認を得て選任する。
(※「北部」「南部」のどちらかの地区に偏らないよう、バランスを考慮して選出する。)
(2)主 事   前年度各地区委員(組長)および役員会が推薦し、前年度地区委員会で承認を得て選任する。
(3)会 計   前年度各地区委員(組長)および役員会が推薦し、前年度地区委員会で承認を得て選任する。
(4)顧 問 東刈谷自治会長に委嘱する。
(5)部 長 新年度組長の中から、前年度の役員会が推薦し、地区委員会で承認を得て選任する。

 【役員任期】
第8条 役員の任期は、以下とする。
(1)館 長 1期2年 (但し、後任者が決まらない時に限り、再任されるが最高2期までとする。)
(2)他役員 原則1年、組規約で任期が複数年あり、役員会の推薦がある場合は、再任を妨げない。
 ※補充で選任の場合は前任者の残任期間とする。

 【役員の解任】
第9条 役員が規約等に違反した時、又は本会の名誉を傷つける行為をした時、正当な理由無しで会議や行事に不参加が1/2を超える場合は、地区委員会の議決により解任する事ができる。

 【運営会議の構成】
第10条 (1)行事等の運営会議は、公民館3役員で審議し、地区合同の6役員会で承認を得る。
(2)予算等に関する事案は、公民館3役員で審議し、地区合同の6役員会で承認を得る。
(3)役員会決定事項は、月度定例会(地区委員会議)で報告し、承認を得る。


-1-
 【運営会議の開催】
第11条 地区委員会議に併せ、2/3以上の出席がある場合成立する。(委任状提出は出席とみなす)
(1)定例会・・・原則は月1回:第2土曜日19時~21時
(2)臨時会・・・館長が必要と認めた時:19時~21時

 【運営会議での審議事項】
第12条 運営会議は、下記事項を審議し、議決する。
(1)事業計画及び、実施結果の反省及び事業報告に関する事項
(2)予算及び、決算に関する事項
(3)役員の選任及び、解任に関する事項
(4)規約の変更に関する事項
(5)その他の必要事項

 【運営会議の議決】
第13条 出席者の過半数で議決とするが、可否が同数の場合は議長の決するところによる。

第3章 役員会
 【役員会の構成】
第14条 役員会は自治会3役(会長・副会長)+公民館3役(館長・主事・会計)の6役で構成する。

 【役員会の開催】
第15条 自治会役員会に併せ、2/3以上の出席がある場合成立する。(委任状提出は出席とみなす)
(1)定例会・・・原則は月1回:第2火曜日
(2)臨時会・・・会長が必要と認めた時

 【役員会の審議事項】
第16条 (1)運営会議に付議すべき事項
(2)運営会議にて議決された事項の執行に関する事項
(3)公民館の運営に関する事項
(4)刈谷市行政主催会議内容の報告、その他の必要事項

第4章 会 計
 【経 費】
第17条 本会の経費は、下記の収入をもってあてる。
(1)会員からの公民館費《事業や預貯金残高に基づき、次年度の予算作成時に見直す。》
(2)刈谷市からの委託料・交付金・及び、これに準ずる補助金
(3)その他(寄付金・祝儀・貯金利子)

 【役員手当】
第18条 会議・行事や自宅での書類作成業務・電話代・事務用品費・光熱費・交通費(ガソリン)等を考慮し別表-1に示す手当を支給する。

 【会計年度】
第19条 前年度 3月1日~翌年2月末日を実務期間とする。
 〈翌年3月は決算報告/監査/通帳管理者等の引継ぎ期間〉

 【会計監査】
第20条 会計監査は、旧野田地区の自治会が平成25年度から委託している税理士による監査に併せて1回/2ヶ月の頻度で委託し、早い段階での監査を行い問題があれば結果を役員会に報告する。役員会で審議の上、内容に応じて地区委員会に報告する。

 【帳票類の保存期間】
第21条 (1)一般 ・紙保存の会議や行事関係準備資料等の帳票類は役員の判断で最長3年間までとする。
(2)特別 ・紙保存の予算/決算等や重要な会議議事録等は、役員の判断で最長5年間までとする。
(3)その他 ・DVD/USB等での保存は、管理方法を明確にした上で永久とする。

 【公民館行事運営役員・委員手当】
第22条 (1)3役以外で公民館行事の運営に携わる役員に下記の手当を支給する

組織・団体名部長委員支払時期   
文化部15,0004,000期末   
体育部15,0004,000期末   
交通安全部15,0004,000期末   
防犯部15,0004,000期末   
※婦人部部長副部長(2)書記会計委員支払時期
15,00012,00010,00010,000組規約期末
※子供会市子連会長代表理事書記会計理事専任支払時期
(市子連理事)15,00012,00012,00010,00010,000期末

※婦人部・子供会の役員手当支給については、東刈谷地区立上げ#5回準備委員会で承認。
  (但し、自治会行事への謝礼として、自治会予算から支給…H27年度予算案承認済)                       【附 則】 
  (1)この規約は旧野田地区分割に伴い平成27年3月1日から施行する。
   ※旧野田地区公民館規約を同時期に廃止する。                                                                                                                     (2)第7条の一部改訂(2項・3項)に伴い平成29年3月13日から施行する。

 【沿 革】

年月改訂内容備考改訂者
2015.1.25東刈谷自治会発足に伴い旧規約の見直し東刈谷自治会準備委員会で承認山下 圀光
    
    


このページの先頭へ