東刈谷市民館

東刈谷自治会

東刈谷市民館のご利用案内

住所・TEL

愛知県刈谷市末広町3丁目2番地2
電話:(0566)21-7980

所在地
利用施設

和室A 和室B 会議室 実習室 集会室 ※事務室

利用時間

朝の部 (午前9時~午前12時) ※朝昼の部
昼の部 (午後1時~午後 5時) ※昼夜の部
夜の部 (午後6時~午後 9時) ※全日の部

東刈谷市民館2017年度 予約受付カレンダー

休館日

年末年始の休館日(12月29日~1月5日)、盆休み、修理日、特別使用日、毎週の月曜日を休館する。(平成13年6月追加実施)

申込方法

・使用月の2ヵ月前から予約(申込順)が出来ます。
・申込受付は、毎週月曜日の休館日を除く火曜日~日曜日の週6日間です。
・受付時間は午前9時~10時までとします。《時間厳守》
・所定の申込書に規定の維持協力費【別表ー1】を沿え、管理室の係員に提出し許可を受けます。(印鑑が必要)
*電話での申し込みは受け付けません。

東刈谷市民館使用申込書

使用制限

・基本的には野田地区住民の申込みを優先します、よって地区以外の方の使用を制限することがあります。
*営利を目的とした使用は制限があります。
*風紀、公安、公益を害する恐れのあるとき、又は管理上支障があると思われたときは、使用許可を取り消すことがある。

使用許可

・使用に支障がなければ、即日許可されます。使用申込(許可)書は使用当日まで事務室でお預かりいたします。

使用方法

*次の順序でお願いします。
・使用時刻になったら入館し、事務室が預かっていた使用申込書と使用する部屋の鍵を係(窓口の所定置き場)より受け取る。必要な準備があれば、それから準備にかかる。
・点検や後片付けのため、ゆとりを持って使用を終わり、終了時刻には玄関を出る。

使用記録(申込書の裏)

*使用後、清掃点検し、申込書裏面の利用記録に必要事項を記入して (申込書の裏) 、鍵といっしょに、退出する時に事務室(窓口の所定置場)に提出して下さい。

東刈谷市民館利用記録


規則

*市民館は決まりにしたがって使用して頂きます、事務室の管理担当者の指示には、必ず従ってください。

東部市民館の規則

注意

1.みんなの家です。大切に扱うよう気をつけ合いましょう。
2.備品を館外に持ち出したり、勝手に動かしたり、借りていない部屋に入ったりしてはいけません。(必要なときは事務室にご相談下さい)
3.大きな音や声を出したり、走り回ったりして、みんなの迷惑にならないようにしましょう。
4.使用が終わったら、次のことをお守りください。
【元よりきれいに】
・備品を整理整頓する。
・使った所を掃除する。(掃除道具は1階は掃除道具入れ、2階は倉庫にあります)
・空き缶や生ゴミなどの屑をまとめて持ち帰る。
・カーテンは閉めておく。
・火気・施錠・水の出し忘れ等を念入れに点検する。
・電気のスイッチを切る。(赤いランプは換気扇用スイッチです。忘れずにきります。)
・利用状況を利用記録(申込書の裏)に記録する。
5.次の設備は有料です。
・冷暖房、電話 → お金を入れた時間だけ使えます。
*テレホンカードは使えません。*湯沸し室の設備備品だけは無料で使えます。
・カラオケや放送設備等は特別に維持協力費が必要です。


維持協力費【別表ー1】

時間\部屋 集会室 和室A・会議室 和室B・実習室
朝の部 1,200円 1室ごとに800円 1室ごとに600円
昼の部 1,500円 1室ごとに900円 1室ごとに700円
夜の部 1,800円 1室ごとに1,000円 1室ごとに800円
朝昼の部 2,500円 1室ごとに1,300円 1室ごとに 1,000円
昼夜の部 3,000円 1室ごとに1,500円 1室ごとに 1,200円
全日の部 4,000円 1室ごとに2,300円 1室ごとに 2,000円
全館全日 8,000円    
CDカラオケ それぞれ 朝昼夜 2,000円 終日は2回で打ち切り
放送用マイク(集会室) それぞれ 朝昼夜 500円
ガス使用料(実習室) それぞれ 朝昼夜 500円
カラオケ持ち込み それぞれ 朝昼夜 600円 打ち切りなし
ガス電器機器の持ち込み それぞれ 朝昼夜 300円

※納入された維持協力費は、予約を取り消されてもお返しできませんので、あらかじめご承知ください。予約日変更については可能であれば3日前までお受けします。

※野田地区以外の団体、個人が使用する場合は、上記料金の2倍とします。

詳細は管理室で担当者にお尋ねください。


催し

刃物研ぎ

奇数月の第3木曜日には刃物研ぎを行っております。お気軽にお越しください。
一丁400円〜(特殊な物は除く)

noda_easthall_001 noda_easthall_002


このページの先頭へ